春日倉庫ブログ

繕う精神

私達の倉庫の備品や建物は定期的にメンテナンスを行っておりますが、いわゆる補修作業っていう地味な努力なんです。今日は床の塗装を部分的にペンキ塗り、そして木製のパレットの板の張替えをしております。この地味な仕事をしてくれているのが春日倉庫の現場マイスターMさんです。実はこの方、以前このブログで紹介させていただいた事がある超ベテランでして、その精神こそまさに、物を捨てない。勿体無い精神というか、繕い仕事が出来る人です。他社様のブログでも以前読みましたが、繕うというのは糸辺に善と書く事から、美徳なのだそうです。これが出来るMさんは良い仕事のお手本であり、私はすっかり敬服の想いです。顧客様の財産(荷物)をお預かりしている生業として少し自慢したい気分です。物を大切にする為に繕いの精神で臨む、マイスターのいる春日倉庫へ是非、皆様ご来社下さい。マイスターMさんもご紹介します。

平成3年9月のパレットも大事に使われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*